OS 初心者向け 組込/ハードウェア

【ラズパイ4 】最低限必要なモノとRaspbianインストール手順

はじめに

ラズパイ4(Raspberry Pi version4)を購入したいんですが何を買えばいいんですかね。Amazonでセットが販売されてますがケースとか要らないんですよね。

たしかにケースとかヒートシンクとか要らないよね。逆にキーボードとかマウス要るよね。何が無いと困るのか知りたい。Googleで調べればわかるんだろうけど、ラズパイは情報が多くてどのサイトを見ればいいか迷っちゃう。

これだけ買っとけば間違いないってやつを知りたいですよね。

うんうん。あとRaspbianっていう標準のLinux OSがあるじゃん。それのインストール方法も知りたい。

1つずつ整理していきますかね。

この記事を読んで欲しい方

  • ラズパイ4を動かすために最低限必要なものを知りたい人
  • Raspbian(ラズパイ公式Linux)をmicroSDにインストールする方法を知りたい人

買うものリスト

ラズパイ4本体 約7,400円

これがないと始まらない。いずれAIとかやりたいなら4GB版を買っとくと安心。2GBなら5,800円ぐらい。

microSDカード(128GB) 約2,300円

Trancsendの128GB買っておけば安心。もっと小さいサイズでも使えるが最低8GBは必要。

SDカードリーダー 約1,000円

SDXCカード対応にしておけば64GBを超えるサイズも書き込みできるから安心。8GB書くだけならSDXC非対応の古いSDカードリーダーでもおそらくOK。

5.1V3A電源 約1,500円

たぶん5V2Aとかでも動くと思うけど推奨品を買っておいたほうが安心。

マイクロHDMIからHDMIに変換するアダプタ 約1,000円

ラズパイ4はマイクロHDMIなので変換アダプタが必要。おそらくこんなの持ってる人少ないのでは?

HDMIケーブル 約1,000円

ラズパイ4は4K対応なのであると良いが、フルHDまでしか使わないなら普通のHDMIケーブルで良し。

USBマウス 約800円

正直なんでも良いが、USB3.0はPCI ExpressのPHYを使ってることがあり2.5GHz近傍にノイズを出すため無線マウス(2.4GHz)に干渉するらしいので有線マウスが良いかも。

USBキーボード 約1,000円

正直なんでも良いが、上と同じ理由で有線キーボードが良いかも。

合計 約16,000円
何も持ってなくても16,000円あればラズパイ4をフルスペックで動かすための機材が一通りそろうけど、ラズパイ動かすような人はマウス、キーボード、SDリーダなどを既に持ってると思うので、手持ちの機材があるならそれを使えばOK。だが、ラズパイ本体マイクロHDMIからHDMIに変換するアダプタは新規購入になることが多いと推測。青字のみ足すと約8,400円

 

インストール手順

①Raspbianのイメージを配布しているページに行く

ここを開きます。

②「Raspbian Buster with desktop and recommended software」をダウンロード

2.5GBあるイメージをダウンロードします(3つあるリンクの左上)。ちなみにこれをSDカードに書き込むと8GBぐらいに膨れます。

③イメージ書き込みツールを配布してるページに行く

ここに行く。

④イメージ書き込みツールをダウンロード

私はWindows10なので一番上の「Raspberry Pi Imager for Windows」をダウンロードしました。

⑤イメージ書き込みツールをインストール

インストーラをダブルクリック。

「Install」をクリック。

「Finish」をクリック。すぐに「Raspberry Pi Imager」が立ち上がる。

⑥イメージ書き込み

1. 「Raspberry Pi Imager」の起動画面。OSとSDカードを選ぶ必要がある。

2. OSは先ほどダウンロードした「2020-02-13-raspbian-buster-full.img」を選択。SDは8GBのものを使った。

3. 「Write」をクリック。

4. 書き込み中。結構時間かかるので気長に待つべし。

5. ベリファイ中。

6. 書き込み完了。

 

指示に従いSDカードを取り出します。

動作確認

①機材セッティング

1. 初期状態。

 

 

2. いろいろ接続した。

(右側)USBマウスとUSBキーボード

(下側)電源とHDMI

 

②ブートする

1. 起動直後の画面。

2. Welcome画面 「Next」をクリック。

3. 国の設定 Japanを選択して「Next」をクリック。

 

4. パスワード変更 パスワードを入力して「Next」をクリック。

5. Wi-Fi設定 「Next」をクリック。※今回は選ばない

6. スクリーン設定 「Next」をクリック。

7. ソフトウェア設定 「Next」をクリック。

8. コンプリート 「Restart」をクリックし再起動する。

 

 

ここまで来れば一安心。次回ブートからLinuxデスクトップPCとして利用できます。ラズパイ4の設定を変えたりするのは次回以降の記事でご紹介します。

 

実は…

モニターのHDMIポートが空いてなくてHDMIをVGA(RGB)ケーブルに変換電源はラズパイ3の5V2.5Aのもの。SDカードは8GB。と、さっき書いた機材よりだいぶショボいのですが、ちゃんとLinuxが起動できてますので、あまり細かく考えず手持ちの機材を使ってみるとよいです。

まとめ

LinuxイメージはRaspbianが標準っぽいですがUbuntuのイメージもあるみたいですね。

あと、Yocto Project組込Linuxディストリビューションを標準化したプロジェクト)にラズパイのBSPBoard Support Package)があった気がするから今度調べてみます。

ちなみにラズパイ4はCPUパワーが大幅UPしてるのでカメラ繋いでAIで解析したりができる予感。

今後いろいろ弄り倒していきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

【名前】ペイヴメント 【職業】技術系サラリーマン 【住まい】東京 【好きなもの】プログラミング全般、デジタルガジェット、レトロゲーム、ライフハック、文房具、読書、家庭菜園、バンド演奏、お酒 【自己紹介】奥さん・息子2人とお気楽に暮らしています。

-OS, 初心者向け, 組込/ハードウェア

Copyright© ペイヴメントのエンジニア塾 , 2020 All Rights Reserved.