プログラミング 初心者向け 開発環境/ツール

スマホアプリの作り方(Android Studio編)

はじめに

スマホアプリを作って公開してみたいんですよね。できればクロスプラットフォームが良いです。ゆくゆくは収益につなげたいと思っています。

クロスプラットフォーム対応のスマホアプリを作るにはXamarinFlutterReact Nativeあたりを選ぶ必要があるんだけど、いきなりだと難しいから今回はAndroid向けのアプリを作ってみよう。Googleが提供してるAndroid StudioはFlutterの開発環境でもあるので、ステップアップできるよ。

わかりました。よろしくお願いします。

この記事を読んで欲しい方

  • Android Studioでスマホアプリを作りたい方

インストール手順

①android studioのダウンロードページに行く

ここに行く。

②「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリックしインストーラをダウンロードする

「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリックする。

 

すると利用規約が出てくるので「上記の利用規約を読んだ上で利用規約に同意します」を選択し「DOWNLOADする:ANDROID STUDIO(Windows用)」をクリック。 「ファイルを保存」をクリック。

インストーラを実行

インストーラをダブルクリック。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Install」をクリック。

インストール実行中。

Completeと表示されたら「Next」をクリック。

「Finish」をクリック。

「OK」をクリック。

どっちでも良い。「Send usage statistics to Google」を選ぶとGoogleに情報が飛ぶようになるみたい。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Finish」をクリック。

コンポーネントのダウンロード中。

コンポーネントのダウンロード完了。「Finish」をクリック。

これでインストールは終わりです。

簡単なアプリを作ってみよう

「Start a new Android Studio project」をクリック

「Empty Activity」を選択し「Next」をクリック

Name:HelloWorld

Package name:いじらない ※Nameに連動して勝手に変わる。

Save location:いじらない

Language:Java ※私の好み

Minimum SDK:API 29:Android 10.0(Q)

上記設定が終わったら「Finish」をクリック。

メイン画面が立ち上がる。メニューから「Tools」→「AVD Manager」を選択。

「+Create Virtual Device」をクリック。

「Next」をクリック。※今回はエミュレータで実行するだけなのでどれでも良い。

表の一番上にある「Download」をクリック。

「Accept」を選択し「Next」をクリック。

コンポーネントのダウンロード中。

ダウンロードが完了したら「Finish」をクリック。

表の一番上の行から「Download」の文字が消える。「Next」をクリック。

「Finish」をクリック。

「×」で閉じる。

メニューから「Run」→「Run」をクリックすると0、1、2の選択肢が出てくるので「1. app」をクリック。

エミュレータが起動し「Hello World」と表示されるアプリが実行される。閉じるときは右側のアイコンが列挙されているWindowを「×」で閉じればよい。

簡単でしたね。プログラムを一切書かずに「Hello World」を表示できました。※本記事では実機(スマホ)へのダウンロードは扱いません。別に記事を書こうと思います。

そもそも何でAndroidアプリを作りたいのか

趣味でアプリを作りたいという方もいらっしゃると思いますが、作るからには収益化したいのが本音ではないでしょうか。こんなパターンがあるのでご参考まで。

パターン 収益化の方法
有料アプリ

アプリを購入。

アプリ内課金

ゲームの中でアイテムを購入。

広告収入

アプリの端っこに広告を表示する。

 

クロスプラットフォーム対応のスマホアプリを作るには?

冒頭にも述べましたが、クロスプラットフォーム対応のスマホアプリを作るにはXamarinFlutterReact Nativeあたりを選ぶ必要があります。比較をしましたので参考にしてみてください。3つともiOS、Android、Windowsに対応しています。

開発ツール 比較
Xamarin

会社:Microsoft

言語:C#

開発環境:Visual Studio

アプリ:Nintendo Switch Onlineなど

Flutter

会社:Google

言語:Dart(Javaライク)

開発環境:AndroidStudio、VSCode

アプリ:Google Adsなど

React Native

会社:Facebook

言語:JavaScript

開発環境:Nuclide、VSCode

アプリ:Facebook、Instagramなど

 

まとめ

Android Studioを使ったスマホアプリ構築をご紹介しました。どんなアプリを作るかは悩ましいところと思いますが、アイデア次第で大きな収益を得ることも可能です。またスマホアプリを作るスキルを身に着けることで、副業でアプリ開発などを行うことも可能になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

【名前】ペイヴメント 【職業】技術系サラリーマン 【住まい】東京 【好きなもの】プログラミング全般、デジタルガジェット、レトロゲーム、ライフハック、文房具、読書、家庭菜園、バンド演奏、お酒 【自己紹介】奥さん・息子2人とお気楽に暮らしています。

-プログラミング, 初心者向け, 開発環境/ツール

Copyright© ペイヴメントのエンジニア塾 , 2020 All Rights Reserved.