Linux ネットワーク

【無線LAN】PC Linuxで無線LANを動かした(QCA9377)

前に 【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(Intel N6300編)【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(QCA9377失敗編)をトライしました。Intel N6300はSTA(子機)として動かせたのですが、QCA9377は失敗しました。

今回は初心に帰りQCA9377PC Linuxで動かしてみることにします。

環境

Ubuntu18.04

この記事で解決できること

  • QCA9377をPC Linuxで動かす方法がわかる。

関連記事

【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(Intel N6300編)

【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(QCA9377失敗編)

これまで買った機材たち(の一部)


SX-SDMAC 2832S+(SDIOカードタイプ)

Mouser(品切れ)旧リンク
※UNICRON AA258(アンテナ)付属品が付いてます。

 

 

QCA9377 Dual Band AC WIFI Module WIFI Adapter Mini PCI-E 2.4G/5G
AliExpress

LTN QCANFA344A QCA6174A 2*2ac+BT4.X PCIE M.2 Module For Lenovo YOGA 5 Pro YOGA 910-13IKB 910-13IKB Glass Series, FRU SW10K97465

AliExpress

インテル® Centrino® Ultimate-N 6300、デュアルバンド(miniPCIe

Intelサイト※PCから取り外した

Intel Dual Band Wireless-AC 8265 ワイヤレス 802.11ac 867Mbps Dual band 2x2 WiFi + Bluetooth 4.2 カード 8265NGW(M.2

Amazon


次世代wifi 6モジュール M.2 wifiカードAX200 802.11AX/AC 160MHzの帯域幅 BT 5.0|MU-MIMO|OFDMA Windows10対応(M.2

Amazon
Wi-Fi USB Adapter GW-USBano2(USB

Amazon(在庫切れ)

M.2(NGFF KEY E)からMPCIe(PCIe + USB)アダプター,M.2 (NGFF)toミニ PCI-E エクスプレス変換アダプター 適用フル&ハーフ サイズ
Amazon

今回はこれを動かします

QCA9377(クアルコムアセロス社)。IEEE802.11ac対応の無線LANカード(miniPCIe)。

記載が韓国語なので韓国製なのだろうと思う。

 

QCA9377 Dual Band AC WIFI Module WIFI Adapter Mini PCI-E 2.4G/5G
AliExpress

パソコンはこれです

5~6年前のPCなのでハードオフで安く買えた。miniPCIの取り外しが楽になるように極力大きいノートPCを探した。富士通AH30/S 

OSはUbuntu18。詳しくは【Ubuntu18.04】プログラミング環境を無料で構築する方法の「Ubuntu18環境をつくる方法」「②PCにUbuntu18を直接インストールする方法」に記載してるので必要があれば参照されたし。

 

取り付け

①底面のパネルを取り外す

ネジをいくつか外せばペロッと取れる。中央下に無線LANカードがあった。

②最初についてたのはこれ

AR5B22(クアルコムアセロス社)だった。miniPCIeである。

ちょっと見た目がちがうが同じチップセットの無線LANカードがAmazonで売ってた。IEEE802.11a/b/g/nのカードである。

≫Atheros AR5B22 WB222 デュアルバンド 2x2 802.11a/b/g/n 最大300Mbps + Bluetooth 4.0 PCIe Mini half 無線LANカード

ネジとアンテナ2つを取り外し、QCA9377に交換しました。

ネジを取り付けないと無線LANカードが浮いてくるので注意してください。

写真に撮るのを忘れましたが、miniPCIeをM>2に変換するボードも問題なくささりましたので、そのうち別の無線LANカードも試してみます(802.11axのカードも買ったし…)

動かした

PCを起動したら。。

動いてるっぽいが通信できない。ip addrコマンドを実行したらIPv6アドレスしか見えないのでIPv6をOFFにしたらつながった(IPv4のアドレスが付与された)。

IPv4とIPv6を両立させたときの不具合は今後も調べてみないとなぁ…。

 

 

カーネルは5.4.0-42だった

【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(QCA9377失敗編)を試したときに、QCA9377に対応する無線LANドライバ(ath10k)はカーネル4.4ぐらいからサポートしているのが分かっていたので、Ubuntu18にしたのだった。

 command
$ uname -a
Linux pavement1234-ubuntu18-2 5.4.0-42-generic #46~18.04.1-Ubuntu SMP Fri Jul 10 07:21:24 UTC 2020 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

lsmodしてみた

水色の項目が無線LANドライバ(と関連モジュール)。いい感じ。

 command
$ lsmod
Module Size Used by
rfcomm 81920 4
ccm 20480 3
cmac 16384 1
bnep 24576 2
nls_iso8859_1 16384 1
amdgpu 4530176 0
amd_freq_sensitivity 16384 0
edac_mce_amd 32768 0
amd_iommu_v2 20480 1 amdgpu
kvm_amd 98304 0
gpu_sched 32768 1 amdgpu
ccp 86016 1 kvm_amd
kvm 655360 1 kvm_amd
crct10dif_pclmul 16384 1
crc32_pclmul 16384 0
ghash_clmulni_intel 16384 0
aesni_intel 372736 3
crypto_simd 16384 1 aesni_intel
cryptd 24576 2 crypto_simd,ghash_clmulni_intel
glue_helper 16384 1 aesni_intel
uvcvideo 94208 0
videobuf2_vmalloc 20480 1 uvcvideo
videobuf2_memops 20480 1 videobuf2_vmalloc
videobuf2_v4l2 24576 1 uvcvideo
rtsx_usb_ms 24576 0
videobuf2_common 53248 2 videobuf2_v4l2,uvcvideo
memstick 20480 1 rtsx_usb_ms
videodev 217088 3 videobuf2_v4l2,uvcvideo,videobuf2_common
btusb 57344 0
snd_hda_codec_realtek 122880 1
mc 53248 4 videodev,videobuf2_v4l2,uvcvideo,videobuf2_common
snd_hda_codec_generic 81920 1 snd_hda_codec_realtek
snd_hda_codec_hdmi 61440 1
btrtl 20480 1 btusb
btbcm 16384 1 btusb
input_leds 16384 0
btintel 24576 1 btusb
ledtrig_audio 16384 2 snd_hda_codec_generic,snd_hda_codec_realtek
serio_raw 20480 0
bluetooth 573440 33 btrtl,btintel,btbcm,bnep,btusb,rfcomm
snd_hda_intel 49152 8
ecdh_generic 16384 2 bluetooth
ecc 32768 1 ecdh_generic
fam15h_power 16384 0
snd_intel_dspcfg 24576 1 snd_hda_intel
snd_hda_codec 131072 4 snd_hda_codec_generic,snd_hda_codec_hdmi,snd_hda_intel,snd_hda_codec_realtek
ath10k_pci 45056 0
k10temp 16384 0
ath10k_core 466944 1 ath10k_pci
snd_hda_core 90112 5 snd_hda_codec_generic,snd_hda_codec_hdmi,snd_hda_intel,snd_hda_codec,snd_hda_codec_realtek
radeon 1454080 26
ath 36864 1 ath10k_core
snd_seq_midi 20480 0
snd_seq_midi_event 16384 1 snd_seq_midi
snd_hwdep 20480 1 snd_hda_codec
snd_pcm 102400 4 snd_hda_codec_hdmi,snd_hda_intel,snd_hda_codec,snd_hda_core
mac80211 851968 1 ath10k_core
snd_rawmidi 36864 1 snd_seq_midi
snd_seq 69632 2 snd_seq_midi,snd_seq_midi_event
ttm 102400 2 amdgpu,radeon
cfg80211 712704 3 ath,mac80211,ath10k_core
drm_kms_helper 184320 2 amdgpu,radeon
libarc4 16384 1 mac80211
drm 491520 20 gpu_sched,drm_kms_helper,amdgpu,radeon,ttm
snd_seq_device 16384 3 snd_seq,snd_seq_midi,snd_rawmidi
snd_timer 36864 2 snd_seq,snd_pcm
i2c_algo_bit 16384 2 amdgpu,radeon
fb_sys_fops 16384 1 drm_kms_helper
snd 86016 27 snd_hda_codec_generic,snd_seq,snd_seq_device,snd_hda_codec_hdmi,snd_hwdep,snd_hda_intel,snd_hda_codec,snd_hda_codec_realtek,snd_timer,snd_pcm,snd_rawmidi
syscopyarea 16384 1 drm_kms_helper
sysfillrect 16384 1 drm_kms_helper
sysimgblt 16384 1 drm_kms_helper
soundcore 16384 1 snd
fujitsu_laptop 24576 0
sparse_keymap 16384 1 fujitsu_laptop
mac_hid 16384 0
sch_fq_codel 20480 2
parport_pc 40960 0
ppdev 24576 0
lp 20480 0
parport 53248 3 parport_pc,lp,ppdev
ip_tables 32768 0
x_tables 40960 1 ip_tables
autofs4 45056 2
rtsx_usb_sdmmc 28672 0
rtsx_usb 28672 2 rtsx_usb_sdmmc,rtsx_usb_ms
hid_generic 16384 0
usbhid 53248 0
hid 126976 2 usbhid,hid_generic
psmouse 151552 0
i2c_piix4 28672 0
ahci 40960 2
libahci 32768 1 ahci
r8169 90112 0
realtek 24576 1
video 49152 1 fujitsu_laptop

 

まとめ

やはりPC LinuxでminiPCIe/M.2系の無線LANを動かすのはカンタンだったが、私が目指しているのは組み込みボードで無線LANを動かすことなので、またいつかトライしようと思う。

今回は触れていないがSX SDMAC(SDIO)のモジュールをPCに挿してみたが認識しない。同じポートにSDカードを指すと認識するのでカードが壊れているのかもしれない。

SDIOをもっと詳しくなりたいのでこれもいつかトライしたい。

 

関連記事

【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(Intel N6300編)

【無線LAN】組み込みボードで無線LANを動かしてみた(QCA9377失敗編)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

ペイヴメントのエンジニア塾(当ブログ)では20年以上の経験から得られたプログラミング系ノウハウについてベテランにも満足して頂けるような内容の濃いコンテンツを初心者にも分かりやすい形で日々発信しています。【経歴】ベンチャーのソフトハウスで4年勤務後、精密機器メーカーのソフト開発部門に勤務し今に至ります。

-Linux, ネットワーク

Copyright© ペイヴメントのエンジニア塾 , 2020 All Rights Reserved.