Windows 初心者向け 開発環境/ツール

【Windows版】Pythonをインストールして動かしたい

Pythonが使えるエンジニアを蛇使いと呼んだりします。その由来はPythonが日本語でニシキヘビという意味だからです。

今回、Windows版Pythonのインストール方法をご紹介します。

この記事で解決できること

  • Windows10にPython実行環境をインストールしてカンタンなプログラムを動かす方法がわかる。

関連記事

【Windows版】Pythonをインストールして動かしたい

【Python】文法を整理した

Pythonについてカンタンに紹介

≫参考:Python(Wikipedia)

Wikipediaの概要を読んでみました。

文法を極力単純化してコードの可読性を高め、読みやすく、また書きやすくしてプログラマの作業性とコードの信頼性を高めることを重視してデザインされた、汎用の高水準言語である。

核となる本体部分は必要最小限に抑えられている。一方で標準ライブラリやサードパーティ製のライブラリ、関数など、さまざまな領域に特化した豊富で大規模なツール群が用意され、インターネット上から無料で入手でき、自らの使用目的に応じて機能を拡張していくことができる。

またPythonは多くのハードウェアとOS (プラットフォーム) に対応しており、複数のプログラミングパラダイムに対応している。Pythonはオブジェクト指向命令型手続き型関数型などの形式でプログラムを書くことができる。動的型付け言語であり、参照カウントベースの自動メモリ管理ガベージコレクタ)を持つ。

これらの特性によりPythonは広い支持を獲得し、Webアプリケーションデスクトップアプリケーションなどの開発はもとより、システム用の記述 (script) や、各種の自動処理、理工学や統計・解析など、幅広い領域における有力なプログラム言語となった。プログラミング作業が容易で能率的であることは、ソフトウェア企業にとっては投入人員の節約、開発時間の短縮、ひいてはコスト削減に有益であることから、産業分野でも広く利用されている。Googleなど主要言語に採用している企業も多い。

Pythonのリファレンス実装であるCPythonは、フリーかつオープンソースのソフトウェアであり、コミュニティベースの開発モデルを採用している。CPythonは、非営利団体であるPythonソフトウェア財団が管理している。その他の実装としては、PyPyIronPythonなどが有名である。

Pythonは、オランダ人のグイド・ヴァンロッサムが開発した。名前の由来は、イギリスのテレビ局 BBC が製作したコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』である。Pythonという英単語が意味する爬虫類ニシキヘビがPython言語のマスコットやアイコンとして使われている。

出典:Python (Wikipedia)https://ja.wikipedia.org/wiki/Python

私が身近なところで聞いたPythonの活用事例は、数値演算ライブラリNum.py)を機械学習AI)で活用したり、Microsoftのエクセルワード操作ライブラリOpenPyEL・python-docx)やマウス自動化ライブラリPyAutoGUI)で日常の業務を効率化するなど、豊富なライブラリを活用するケースが増えていると聞きます。

インストール手順(Windows10)

手順① Pythonのダウンロードページに行きます。

≫Download the latest version for Windows

手順② 「Download Python 3.8.1」(バージョンは変わります)をクリック

どうしても古いバージョンを試したい場合止めませんが、Ver.2系は2019年末でサポートが打ち切られているためVer.3系を選んだほうが無難です。

 

手順③ 「ファイルを保存」をクリック

手順④ 手順③で保存したインストーラをダブルクリック

手順⑤ 「Add Python 3.8 to PATH」のチェックをONにして「Install Now」をクリック

手順⑥ インストール中…

手順⑦ 「Close」をクリックします

手順⑧ DOS窓を開き「python」と入力してリターンを打ったときにPythonのコマンドプロセッサ(>>>)が起動したらインストール成功です

DOS窓の開き方はスタートメニューを開き「cmd」と打ち込むと「コマンドプロンプト」と出てくるのでクリックすればよいです。

HelloWorld(サンプルプログラム)

Pythonのコマンドプロセッサ(>>>)に続いてprint("Hello World")と打ちリターンを押すと「Hello World」と表示されます。非常に簡単です。

DOS窓でしか実行できないのは不便なので「test.py」というファイルを作成します。(Pythonファイルの拡張子は*.pyです)。

 

スタートメニューからPython3.8の項目を開き「IDLE(Python 3.8 32-bit)」をクリックします。

Pythonシェルが起動しました。

メニューから「File」→「Open」をクリックし、先ほど作成した「test.py」を呼び出します。

別ウィンドウが開き「test.py」が展開されます。

メニューから「Run」→「Run Module」をクリックします。

最初に開いたPythonシェルに「HelloWorld」が表示されました。

まとめ

Windows版のPythonをインストールしました。別の記事でPythonプログラムの解説をしていきますが、ぜひ本記事を参考にインストールしてみてください。

関連記事

【Windows版】Pythonをインストールして動かしたい

【Python】文法を整理した

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

ペイヴメントのエンジニア塾(当ブログ)では20年以上の経験から得られたプログラミング系ノウハウについてベテランにも満足して頂けるような内容の濃いコンテンツを初心者にも分かりやすい形で日々発信しています。【経歴】ベンチャーのソフトハウスで4年勤務後、精密機器メーカーのソフト開発部門に勤務し今に至ります。

-Windows, 初心者向け, 開発環境/ツール

Copyright© ペイヴメントのエンジニア塾 , 2020 All Rights Reserved.