Linux

【無線LAN】HW接続インタフェースを調べる

【※ 当記事は2020年7月2日時点の情報です】

ペイヴメント(@pavement1234)です

エンジニア
エンジニア

無線LANカードのHW接続インタフェースを知りたい

こんな悩みを解決します。

バージョン情報

Linux Kernel 3.14

HW接続インタフェース

無線LANカードのHW接続インタフェースにはどんな種類があるか?調べてみました

①HW接続インタフェースとは?

インターフェースとは?を読んでみました。要はUSBとかPCI Expressみたいな話です

ハードウェアインターフェースとは、複数の装置を接続して通信する際の仕様で、コネクタの形状や電気信号の形式などを定めている コンピュータ内部のデータ伝送、コンピュータと周辺機器のデータ伝送、コンピュータ間の通信など、用途に合わせて様々なインターフェースが存在する。例としてUSB、SATA、IEEE 1394、PCI Express、HDMIなどの規格、およびこれらのコネクタなどが挙げられる

また、接続先がコンピュータネットワーク(LAN)の場合は特にネットワークインターフェースと呼ばれることもあり、イーサネット(Ethernet)や無線LAN(Wi-Fi)などの通信規格、およびコネクタや差込口(ポート)、拡張カード、通信チップなどを指す

②無線LANカードのHW接続インタフェースとは?

12年ぐらい前はPCカード(PCMCIA)をよく見かけましたが最近全く見ません。無線LANカードのHW接続インタフェースは以下の4つぐらいと認識しています

USB
PCIe
SDIO
低速インタフェース(UART、SPI)

それぞれ具体例をご紹介します

USB

いわゆるUSBドングルと呼ばれる無線LAN子機(STA)。搭載されている無線チップセット・ドライバによっては無線LAN親機(AP)やモニターモードに変身できるものもあります。お手軽なのでつい買ってしまい、以下のように増えていくわけです(写真はBluetoothのUSBドングルも含まれています)

実は組込Linuxボードを家の無線ルータに繋ぐときUSBドングルを使うことが多く、この連載記事もUSBドングルを使えばサクサク進むのですが芸がないので、あえてminiPCIeを選択しハードルを上げている次第です

PCIe

今回の記事で紹介しているN-6300の物理層はPCIe(PCI Express)で、コネクタはminiPCIe(Mini PCI Express)という小型のコネクタが採用されています。ノートPCの無線LANは、ちょっと前までminiPCIeが多く使われていましたが、ここ3年ぐらいでM.2(新しい規格)が主流になっている印象です。この連載でもいつかM.2の無線LANカードも紹介しようと考えています。ちなみにminiPCIeと同じコネクタに挿さるmSATA(mini SATA)という規格があるのでご注意を…

SDIO

SDIOとはSDカードとピン互換のインタフェースで、GPS、Bluetooth、無線LANなどの機能を持っていることが多いです。SDIOの無線LANカードを一般ユーザが使うケースは稀と思います。低消費電力が売りらしく、携帯電話の無線LANにも多く採用されていますが、携帯電話にSDカードが挿さっているわけではなく、無線チップとCPUがSDIOピンで接続されているようです

ちなみに、SDIOカードタイプの無線LANカードも市販されているため、もし入手できたら連載のどこかで紹介したいと考えています

低速インタフェース(UART、SPI)

低速インタフェース(UART、SPI)が採用された無線LANカードは、SDIOよりも珍しいと思います。高速インタフェース(USB、PCIe、SDIO)がついていないマイコンで採用されていることが多い様子。いつかチャレンジしてみたいです

まとめ

無線LANカードのHW接続インタフェースを調べてみました

ABOUT ME
ペイヴメント
ペイヴメントのエンジニア塾(当ブログ)では20年以上の経験から得られたプログラミング系ノウハウについてベテランにも満足して頂けるような内容の濃いコンテンツを初心者にも分かりやすい形で日々発信しています。【経歴】ベンチャーのソフトハウスで4年勤務後、精密機器メーカーのソフト開発部門に勤務し今に至ります。
error: Content is protected !!