組込/ハードウェア

【電気】USBロジックアナライザKKHMF 24MHz 8CHをインストールした

【※ 当記事は2020年7月2日時点の情報です】

ペイヴメント(@pavement1234)です。

エンジニア
エンジニア

AmazonでKKHMF 24MHz 8チャンネル USBロジックアナライザ 8CHロジックアナライザ UART IIC SPI デバッグ MCU FPGA ARMに対応 「国内配送」 を購入

ロジアナとしては破格の約1000円。果たしてちゃんと動くのか?

こんな悩みを解決します。

 

※この記事を最初に書いたときはHiLetgoというメーカーでしたが2020年7月2日に見るとKKHMFに変わっていたので読み替えました。画像などが少し異なるかもしれませんが、中身は一緒だと思います。

外観はこんな感じ

まあ見た目はチープです。

インストール

まずUSBを挿してみると、不明なデバイスとして認識されました。

Amazonを見るとこんなことが書いてあります。つまりは【Sigrok】というフリーウェアを使えということですね。Sigrokで調べるとUSBロジアナ関係のブログ記事がいくつか見つかりましたので困ったら見てみます。

SigrokのDownloadから【pulseview-NIGHTLY-64bit-static-release-installer.exe】をダウンロード。

インストーラをダブルクリックすると、こんなん出ました。

「詳細情報」をクリックして「実行」をクリック。なんか警告でるが「はい」をクリック。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Install」をクリック。

インストールが終わったら「Next」をクリック。

「Finish」をクリック。

スタートメニューから「sigrok」を開くと「PulseView」たちがインストールされていました。

さてAmazonのコメントを参考にドライバーインストールをするために「sigrok」→「Zadig」を実行。するとこんな画面が出るので「Install Driver」をクリック。

どうやら成功したみたいです。「Close」をクリック。

デバイスマネージャを見ると「Unknown Device #1」という表記ですが正常に動作してるみたい。まあいいか…。

スタートメニューから「sigrok」→「PulseView」を起動。

「Start」をクリックすると波形が伸びていきます。「Stop」を押すと止まります。

次回はこいつらをラズパイのGPIOに挿して波形を見てみようと思います。

まとめ

USBロジックアナライザKKHMF 24MHz 8CHをインストールしました。

次回、ラズパイなどにつないで波形観測してみます。

ABOUT ME
ペイヴメント
ペイヴメントのエンジニア塾(当ブログ)では20年以上の経験から得られたプログラミング系ノウハウについてベテランにも満足して頂けるような内容の濃いコンテンツを初心者にも分かりやすい形で日々発信しています。【経歴】ベンチャーのソフトハウスで4年勤務後、精密機器メーカーのソフト開発部門に勤務し今に至ります。